FAQ

よくあるお問い合わせや質問を紹介させていただきます

 

毎日使っている汁椀の傷が目立ってきました!

汁椀の状態をまず見せて頂き、どういう風に修理(なおしもん)するのが良いかお客様とご相談させていただきます。内側だけ、外側だけ、傷のある部分だけ、いっそのこと全面やり直し、など希望と予算に合わせて修理をしていきます。
他の塗物でも同じように修理を受けていますので、まずはお気軽に電話してみてください。

 

結婚のお祝いに何がよいでしょうか?

夫婦の汁椀(黒と朱のセット)が一般的です。
そこにお箸や飯椀、取り皿などご予算に合わせて増やしていくようにしていくのがわかりやすいかと思います。新居に入るお二人には、パネルなどの装飾品を送られる方もいます。夫婦汁椀は、結婚祝いの他、銀婚・金婚のお祝いにもうってつけの商品です。
これからも末長くの意味も含めて、丈夫で長持ちする輪島塗を是非お使い下さい。

 

敬老の日・金婚・銀婚のお祝いには?

気軽なところでは、お酒の好きなお父様やお母様ならぐいのみのセットが喜ばれます。
ちょっと奮発してお一人用の御膳のセットなどはいかがですか?日常使いの中で日々送った方の顔を思い出しながらの食事は双方ともに嬉しいものです。

 

内祝いや法事のお返しには?

多いのはお盆です。内祝いなら朱、法事なら黒、溜色ならどちらでも、と色をまず決め、後は無地にするか、蒔絵や沈金の模様を入れるか決めていきます。
出来れば長く日常使いしてもらえるようなものをお選びください。

 

出産のお祝いには?

従来では、塗物でというとお食い初め膳でしたが、使うのはその時だけで、後は箱の中にしまってしまうのは寂しくないですか?最近ご提案させていただいているのは、小ぶりの汁椀・飯椀・スプーン・フォーク・お盆のセットです。
かわいい色漆でピンクやグリーンがあります。成長されたら黒や朱などの本来の色に塗り替えたり、模様を入れたりすると、かなり大きくなるまで使ってもらうことができます。1つのものをこれだけ長く使えれば、決して高くはないと思います。塗師屋としては1番嬉しい限りです。

 

引き出物には?

お盆、菓子器、小鉢、などが普段使いにも向いていて良いのではないでしょうか?
ご予算に合わせて沈金・蒔絵を施すこともできます。裏に名前を入れることもできます。

 

オリジナルを作りたい!

オリジナル製品は1つからでも承ります。具体的なサイズや形が分かればすぐに木地を作り始めることができます。完成までには半年程度から1年見てもらうかも知れませんが、待つ時間を楽しんで頂ければ幸いです。色や模様など常に連絡をさせて頂きながら完成させていきます。
5客揃っていたお椀の1客が足りない場合の模造なども、かなり近い製品にまで仕上げることもできます。見本さえあれば、ほぼ同じものを作ることは可能ですので、半端で使いにくいなどと諦めずに、1度ご連絡ください。