東海道53次銘々皿

53次の中からお好きな札所を選んであつめていくのも楽しみの1つ。輪島塗の銘々皿としてはもちろん、インテリアとしても。