NEGORO 歴史と由来

negoro3

 ▍NEGORO

 ▍NEGOROについて

 ▍商品一覧

 

根来塗(ねごろぬり)の名称は、和歌山県の根来寺に由来し、
鎌倉時代、紀伊国根来寺(和歌山県岩出市)に本拠を置いた新義真言宗の僧徒が、
寺内で使用するために製作した漆器が有名となり
「根来塗」と呼ばれるようになったとされています。

そして、根来寺の漆器は使い込まれ
表面の朱がこすれ下の黒漆が所々に見え味わい深いと、
お茶人たちに好まれるようになり、
やがてそのような表情の漆器を総称して「根来」と呼ぶようになりました。
根来塗は、黒漆を塗ったうえに朱漆を塗り重ね、
上塗りの朱を磨いて、下地の黒漆が浮かび上がり、
趣のある抽象文様が描き出され、深い味わいとなります。

曙塗(あけぼのぬり)は根来塗とは逆で、
朱漆塗りの上に黒漆を塗り重ね、その一部を磨いて下の朱を出します。
闇から光がさすようにみえるので「曙」と言われています。